スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オレンジ チョコレート 9巻

オレンジ チョコレート 9 (花とゆめCOMICS)オレンジ チョコレート 9 (花とゆめCOMICS)
(2012/06/20)
山田南平

商品詳細を見る



【あらすじ】
律主演のドラマ撮影中、ちろは律の相手役・梨絵に言われた言葉が原因で律とケンカしてしまい…!? 


恋愛方面?に少しずつ進んでるような感じですね。
そして二人の入れ替わりに関しても少しずつ核心に繋がっていきそうです。そろそろまとめに入ってくるのかな。

それにしてもハルは特に当て馬ってわけじゃないんですね。確かに年がちょっと離れてたけど・・・。
当て馬がなんだか右近みたいでそれはどうなんだろう。


画像 2721
まだ幼馴染

ここからネタバレ▼

続きを読む

スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

オレンジ チョコレート 1~8巻

オレンジ チョコレート 1 (花とゆめCOMICS)オレンジ チョコレート 1 (花とゆめCOMICS)
(2009/06/19)
山田 南平

商品詳細を見る


「ぴんとこな」の感想で書いた通りこちらも読んでました。
とりあえず8巻まで・・・。

【あらすじ】
呼水千尋(ちろ)と姫野律は幼なじみのお隣同士。律は日舞の家元の跡取りで、16歳の女形として大ブレイク中! おおらかなちろには、とある願いがあり、ずっと律に憧れてきた。いっぽう律は名家の跡取りとしての重責が負担に…。そんなある日、ちろの願いがとんでもない事態を招いて…!?


日舞のお話なんだけどそれよりも入れ替わりモノとしての方がメインな話でした。

いつも書店で並んだ表紙を見て絵は昔から上手だったけどホント綺麗だなぁ~と思ってたんですが。
カラーには相当時間をかけてるそうなので納得です。

作者の作品は初期以降、紅茶王子も微妙に感じてしまってもう読んで無かったのですが、こないだ「ぴんとこな」で歌舞伎読んだらコチラを読みたくなって・・・。もっと日舞の話が濃いのかと思ってましたが面白かったです。
そしてこれを読んだら今度は成田美名子さんの「花よりも花の如く」が「能」の話だったよね、と芋づる式で思い出す私。「花よりも花の如く」は知り合いから借りて当時5巻くらいまでは読んでたんですけどね。今から読むなら1巻からじゃないともう思い出せないです。

絵は綺麗ですが、男の人の顔が妙に面長な気がするし律があまりビジュアル的にカッコよくないのが残念。でも昔よりストーリーに入りやすく感じてやっぱり初期の作品だけで好みじゃなと見限っちゃダメですねぇ。

画像 2260


ここからネタバレ▼

続きを読む

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

大人になる方法

オトナになる方法 (第1巻) (白泉社文庫)オトナになる方法 (第1巻) (白泉社文庫)
(2001/03)
山田 南平

商品詳細を見る


年下カップルの作品としてまず名前があがりそうですが。
ですが、私はこの作品があまり好きではないのです。。
なのでこちらの作品が好きな方は、個人の感想と重々承知の上でお願いします。

【あらすじ】
高校生の久美子と小学生の真吾はお隣同士。
ある日、野良犬に襲われている所を真吾に助けられてから久美子は7歳下の真吾を好きになる。
色々あり二人は付きあうようになるけれど・・・。


まず作品として面白いか面白くないかとかではなくて、個人的に好きになれなかったんですよね。
当事「花とゆめ」で掲載してた時から読んでたのですが最初の頃は単発読みきりとかシリーズモノ的な感じでその後「大人になる方法」として連載がスタート。
最初の単発読みきりの時は結構好きだったんですよ。
年下ものは結構好きだし、年齢差はありえないけどまぁ読みきりとしてはこんなのもアリだな。って感じでね。

でも、内容が進むにつれて二人がケンカすることが多くなるんですけどその内容が「そんなことで?」という感じで。。
こじれる「理由」もそうだけどなんかカップルにしてしまうと後の話を続けるには喧嘩して仲直りさせていくというパターンしかないかのように、ケンカするんですよね。
あとキャラに好きなキャラがいないです。真吾も久美子も性格的に好きになれない。

注:小学生です。
CIMG4204.jpg

久美子の受験で友達のマキが3人一緒は成績の違いもあるし皆で合格は難しいと言うのに対して「皆と離れたくなくて一緒の大学に行きたいと思ってるのになぜそんな簡単に言うの?」とか言う割に受験のアドバイスを求めた際に「私はやりたい事があるから行くんだ。そこら辺の女子とは違うんです」とか、自分の言ってる事を棚に上げて失礼すぎるし・・・。

真吾の場合はまぁ色々あるけどまだ小学生だしなぁ、という目で見ることも出来るんだけどね。。
久美子のいつも自分が正しいと思っている口ぶりというか気持ちに全然ヒロインとして好感が持てませんでした。。天然優等生キャラなんだけどとても大人気ない。ヒステリー過ぎるし、相手が小学生なのに年下だけど男の子だからここは立てたあげてるみたいな部分も無くて。。。
真吾の学校に毎日迎えに来たり、拒否されて本気で怒ったり・・・。
なんで久美子はこんなことで怒るの?どうしてこんなことで喧嘩するの?許せないの?
という連続でした。

年下モノのマンガだと女の子が高校生だけどちょっと天然で、男の子が小学生とは思えない程大人びているってパターンが多くてそれも度を越すとちょっとな・・・とは思うけどそういう方が私は好きです。
物語がね、いっつも誰かと誰かが揉めてる話なんですよ。それが読んでて疲れました。
また、「揉め事かぁ」って。。
いっつもいっつも誰かと喧嘩ばっかりしてるよりも、もう少し楽しい話も読みたかった。

久美子怖いよ~
CIMG4216.jpg

つづき▼

続きを読む

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。