スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嘘解きレトリック 1巻

嘘解きレトリック 1 (花とゆめCOMICS)嘘解きレトリック 1 (花とゆめCOMICS)
(2013/06/20)
都戸利津

商品詳細を見る



【あらすじ】
時は昭和初年。「人のウソが聞き分けられる」能力を疎まれ、生まれ故郷の村を出た浦部鹿乃子。空腹で行き倒れた九十九屋町で、貧乏探偵の祝左右馬と出会い…!?



都戸さんは本当にストーリー作りがお上手だなぁと思いますよ。
ラブは苦手なんだろうなぁと思いますが。

前回の作品と性格は違うけど今回もまっすぐ過ぎて不器用なヒロインに世渡り上手でひょうひょうとしてるけど何か隠してそうな男性の組み合わせですかね。
鹿乃子は左右馬と出会って、鹿乃子の力を知っても嫌がらずに嘘と本音を隠さずここに居なさいと言ってくれる左右馬と一緒に探偵業を手伝うことに。

ここからネタバレ▼

続きを読む

スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

群青シネマ   全2巻

群青シネマ 1 (花とゆめCOMICS)群青シネマ 1 (花とゆめCOMICS)
(2010/01/19)
都戸 利津

商品詳細を見る


夏なので・・・爽やかな話にしてみました。

【あらすじ】
1961年、夏-。担任だった水野先生が東京の研究室へ行ってしまってから3ヶ月。栄朝日・里見たまき・弥方京一郎の3人は、先生を楽しく驚かせる方法に頭を悩ませていた。そんな時、8ミリシネカメラと出会った3人は、映画の自主制作を思いつく!


群青シネマというタイトルとこの表紙がもういいですよね。なんか弱いです。
この方の作品は世界観がすごくきちんと表現されていて情景が思い浮かんでくるような書き方が出来る貴重な漫画家さんだと思います。
登場人物がかなり限られていて恋も女子も殆ど絡まないので2巻でちょうど良く、長い話だとちょっと飽きるかもしれません。内容も突っ込みどころ無いくらい最初から最後まで考えてある感じでとても安心して読めました。

青春と友情が50%ずつの成分で出来てると思います。
学生時代に自分にもこんな漫画みたいな事が起きないかなと思いながら学園モノを読んでいた気持ちを思い出してしまいました。

恋愛要素が無いので学生時代に読んだら物足りなかったかも知れませんけどなんか久々に漫画を読んでワクワクさせてもらいました。

あの夏の青春をもう一度という世代には是非一読です。
井上陽水さんの「少年時代」を聞きながら読んだら泣いてしまうんじゃないだろうか。


窓越しで見上げる(または見下ろす)シーンは学園モノに必須なくらい好みな構図です
画像 556

ここからネタバレ▼

続きを読む

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

燈港メリーローズ  全3巻

燈港メリーローズ 1 (花とゆめCOMICSスペシャル)燈港メリーローズ 1 (花とゆめCOMICSスペシャル)
(2011/02/18)
都戸 利津

商品詳細を見る


3巻の発売日を少し遅れて買いに行ったら最寄の書店では元々数冊しか置いてないんでしょうが在庫が無くなってまして。取り寄せようかな・・・と思っていたら先日古本屋にあって買ってしまいました。得したような切ないような気持ちになりました。私自身、古本屋は活用しますが自分が大好きな作品が揃って安価で売られてたりすると「なんで売るの!?いっそ私が買ってやる!」って気持ちになります・・・。

【あらすじ】
20世紀初頭、東西の人と文化が交わるアジアの港町・燈港(トウラン)。
遠縁のエドガーの手紙を頼りに、長い船旅の果て燈港を訪れたアゼリアだが、そこにエドガーの姿はない。
頼る者無く街をさまよい罠に陥ったアゼリアの前に怪しげな男が現れる。


「群青シネマ」の都戸さんです。
都戸さんの漫画って滅茶苦茶面白かったり話の盛上がりがあるってわけじゃないんですがなんか好きなんですよ。作品の世界観の出し方とか作り方が好きです。自分もこの中にいるようなワクワクした気分になれるというか、そういう描写がとても丁寧に作り込んであるんだなって思います。

少しずつ話に引き込まれていくし燈港という街の書き方も上手。設定もしっかりされてるんでしょうね。
燈港はエドガーから夢の都と聞いていたのに、女性だけで歩いてるとすぐに絡まれたり詐欺にあいそうになったり期待外れの物騒な街です。アゼリアがこんな見知らぬ土地に来てしまって不安なように読んでいて最初の頃は混沌とした街のように描かれてます。

でも2巻くらいでアゼリアが街に慣れてくると共に活気のある市場とか人情味あふれる人の様子とかが描かれてきて読者にも燈港の街の魅力が少しずつ伝わってきます。



ここからネタバレ▼

続きを読む

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。