スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好きっていいなよ。 1~6巻

好きっていいなよ。(6) (デザートコミックス)好きっていいなよ。(6) (デザートコミックス)
(2011/01/13)
葉月 かなえ

商品詳細を見る


今回の感想は好きな方は読まれないほうがいいかな・・・という感じです。
辛口というか良いとか悪いとかじゃなく合わないんだな・・・と思いました。

6巻を買うのを悩んだのですが正直5巻までの内容が既にうろ覚えだったのと当時時間が無くてあまりちゃんと読んでなかったので読み返すと違うかもと思ったんですけどね。

【あらすじ】
学校一のモテ男黒沢大和と付き合い中の「めい」。なかなか自信がもてないでいためいはめぐみの策もあって大和やみんなとすれ違い、人を失う怖さに足がすくんでしまう。そんなめいは海の励ましのおかげで、再び積極的になれるのだけど、海から思いもよらない話が・・・。


「君へ届け」からクラスで馴染めない不器用な主人公が少しずつ恋や友情を育んでいくというのが増えてきてこれも簡単に言ってしまうとそのパターンです。

最初ね、読んだ時大和の外見とかヒロインの相手っぽくないなと(デザートだし少女漫画向きでは無いかな)。
そして1巻のめいの性格がなんだか嫌でした。大和がめいに脚蹴りくらってという最初のインパクトは面白いけどあれだけでここまでめいを好きになれるかっていう・・・。そしてめいも今まで自分自らも人との関わりを避けてきた割に簡単に好きになっちゃうし気になってカラオケ店に行っちゃったりとちょっと両思いになるまでがなんだか不自然。
だけど中盤の友達の話は結構よく描けていて面白かったのですが・・・。。


デザートなので10代の小学生が読むにはと言う描写が少しあるけど、多分中高生くらいの人に一番共感を得るのではないでしょうか。ただ私の世代には、ちょっと今更に感じてしまうんですよ。もっと作品に共感出来れば懐かしいという気持ちとか持てたのかも知れないけど内容的にも合わなかった。

6巻では逆にめぐが孤立してきてるけど私はむしろ5巻くらい迄のめぐの方が共感を持ちました。
媚びたり支配しようとするのは違うと思うけれど、グループやクラスメイト等集団の中で友達を作りたいと思ったら多少は人に合わせようとか好かれようと努力するのは当たり前だし、調和することは必要だと思います。

単に作品どうこうでは無く私は漫画をもっと楽しい気持ちで読みたいんだな、と思いました。。
読んでると色々考えちゃう部分があってスッキリ読めないので。


ここからネタバレ▼

続きを読む

スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。