スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【急募】村長さん 2巻

【急募】村長さん 2 (花とゆめCOMICS)【急募】村長さん 2 (花とゆめCOMICS)
(2013/03/19)
藤原規代

商品詳細を見る

別巻の感想⇒1巻

【あらすじ】
妖怪村長・ねねの補佐役を務めることになった井上円。妖怪のための祭りの次にねねが発案した村おこしのイベントに円は…!?



緩いテイストと考えれば悪くはないのですが自分のその時の気分によっては読むか読まないか気持ちが別れそうだなと思いました。話の進みも遅そうだし先も気になるわけじゃないしまとめよみでもいいかと思ってたんですが確かレンタルの時の数合わせで読みたいのが他に無かったので続きを借りたんだった気がする。

今回は村の過疎化に対してとか公共事業の話とか色々と妖怪のお話よりも社会的な部分のお話の方が強かったですね。そして今後山の奥にある神社が何かありそうですよね。

ネネのお父様が神社の神様だったのかな??
色々と先は考えてそうなんだけど先が気になるような伏線じゃないんですよね。

白泉社だけでもそうですが、今妖怪モノの漫画って結構多いのでその中ではちょっと埋もれてしまいそう。
読んでてもう少し何か欲しいと思ってしまいます。






にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

【急募】村長さん 1巻

【急募】村長さん 1 (花とゆめCOMICS)【急募】村長さん 1 (花とゆめCOMICS)
(2012/08/20)
藤原規代

商品詳細を見る

別巻の感想⇒2巻

【あらすじ】
月丘村の役場に勤める井上円は、新しくやってくる村長の秘書役を命じられる。やってきた村長・ねねは小さな女の子で…!?



メキシコで実際にあった警察署長を募集した話を参考に考えたそうですが、その実際のお話もすごく興味深かったです。

最初はドタバタした感じかと思ったら人情モノ的な部分もあったり「夏目友人帖」まではいかないけれど妖怪とのアレコレなお話も入ってきて後半になるにつれて面白くなってきたと思いました。
まだ1巻なのですが今後このラブは入ることはあるのかなぁ?なさそうだなぁ・・・とこの二人でということになってもどうにもキュンとしないと思います。
それが残念でした。

青龍達がなぜ猫であるねねに仕えているのかが謎です。というか、そこにきっと今後明かされていく謎がありそうですけれど。最初妖怪モノかと思ってましたが、神社だったりするようなので・・・。
結構前に読んだので、もう忘れちゃったけど最初から主人公の勘違いとかで妖怪じゃないのかしら。確か、もう2巻がでましたね。


画像 064


にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

ナナナン

ナナナン (花とゆめCOMICS)ナナナン (花とゆめCOMICS)
(2011/05/19)
藤原規代

商品詳細を見る


藤原さんの「お嫁にいけない!」を読んだときに結構好きで「アラクレ」を集めたんですが10巻がなかなか見つからなくて5巻で一度読むのを止めてました。その後やっと10巻を手に入れた!と思った時には自分の中で熱が覚めていて・・・いまだ続きを読んでません。ま、そのうち。

【あらすじ】
母の再婚で、突然6人の兄が出来た雅紀(マサキ)。7人兄弟の下っ端として、男だらけの無法地帯ジャングルのような家での大家族生活が始まった! がさつで無神経な兄たちとの生活にストレスが溜まる一方の雅紀は、大切な母を守るためにも、自分が家事全般を仕切ろうとするのだが…!?



ナナナンとは・・・七男のことです。

大家族モノかなぁって思っていたんですが親の再婚により今まで一人っ子だったのに突然6人の兄が出来て自分が七男になってしまう。男兄弟の末っ子なんて下僕状態って感じでね。
今まで母一人子一人できちんとした生活を送っていたのに男所帯はかなり大変・・・という。

兄弟が多くて誰も家事や生活費の節約に協力してくれないとなげくマサキだけど皆実は優しくて。1,2話とマサキが主人公で進むお話なんですが3話の長男・アキラが主人公のお話が一番良かったです。
大家族モノの漫画だと長男を主人公に据えるお話が多いかと思いますが、長男の場合はやはり今まで家族の為に色々と尽くしてきてたけど・・・みたいな感じです。

仕事で転勤するかもってことになって自分がいなくなって大丈夫かなぁと心配してみたものの誰も寂しがらなかったり、もう皆成長して自分は必要ないのかと考えたり。一般的には良くある展開かもしれないけどやっぱり長男目線の方が好きでした。

バタバタし過ぎているのと兄弟の見分けが微妙なんですが・・・。
そして大家族モノにありがちですが両親の存在感が半端無く薄いですね。




にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
にほんブログ村

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

お嫁にいけない!  全5巻

お嫁にいけない! 1 (花とゆめCOMICS)お嫁にいけない! 1 (花とゆめCOMICS)
(2009/11/19)
藤原 規代

商品詳細を見る


私の好きな年下モノです。

実は絵が好みではなく「アラクレ」も読んでなかったんですがこちらが結構面白かったので開拓してみたいです。

当然ながら年下モノはだいたい現実味無い話が多いんですがこれは主人公が社会人なせいか背景が現実的・社会的な割ときちんとしたストーリーでした。

【あらすじ】
才色兼備、27歳のキャリアウーマン小田桐まどか。会社では全てにおいて完璧だけど、苦手な家事が原因で彼氏に振られたばかり。そんな彼女が開き直って家事代行サービスに依頼するとやってきたのは高校生の男の子で!?


恋に行くまでもきちんと時間がかかっていて現実的に書いてる分10歳差が少しきつかったのが残念。。
せめて大学生なら良かったかなぁ。
それ以外はむしろとてもまっとうな年下モノだったと思います。

仕事は出来てすごくしっかりしているのに家事が全く苦手な主人公。家事が出来ない事を理由に彼に振られてしまう。そしてここで家政婦さんを頼んだら来たのは高校生。家政婦さんに高校生男子が来るというのがこれまた少女漫画なんだけど。

主人公がしっかりしていて仕事はバリバリなんだけど裏ではすごく努力してたり弱音を吐けないだけだったり。そんな会社の人には見せられない影の努力や弱音を悠貴にはさらけ出すことが出来る。
要するに最初から家事がダメなのはバレてるし男性として意識してるわけじゃないからなんだけど。

年下もので多いんですがこちらも男性側の悠貴のが先に不器用なまどかを好きになってしまいます。
家政婦としてじゃなく男性として見られたい。きちんと一人前として認められたいみたいな部分が絶対に年下ものは出てくるんだけど、こちらも家事は悠貴のが完璧なんですがお勉強が出来無い。お互いに苦手な事を教えあったりしているのもなんか楽しくてよかったです。スパルタなんだけど(笑)
あと、悠貴が使ってる慣用句とかが道明寺のように間違ってたりするのも笑えました。

この作品は悠貴がまどかに好かれようと奮闘してるので結構悠貴側からの独白のある進みだったりまどかと悠貴半々くらいに書かれてましたね。

某ドラマと違い爽やかな登場シーン
画像 12052



ここからネタバレ▼

続きを読む

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

★注意事項★

(著作権法第三十二条引用) 『公表された著作物は、引用して利用することができる。』  上記にならい当ブログは画像を引用させて頂いております。 当ブログは営利妨害や著作権侵害を目的とするものではありません。 当ブログにて使用している画像の著作権または肖像権などは、該当する権利所有者様に帰属致します。 著作権等を有する方からの警告を頂いた場合には直ちに該当記事を修正・削除します。

水樹

Author:水樹

検索フォーム

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。